アシスタント 古谷 順菜

furuya

・なぜディファレンスエンジン(DE)に入社したのですか?

私自身個性が強いのでそれをわかってくれるところがいいなぁって思って求人票を血眼になってガァーっと見てたんですよ。そしたらDEの求人票があって、ホームページに飛んでここだ!って思いました、好きだなこの雰囲気って。一度髪の毛のカラーとカットをして頂きにDEに行ったんですよ、そして『実はこういった理由で来てみたんですよね』って言ったら、是非面接にきませんかって言っていただいて。(笑)

・雰囲気重視だったのですか?

条件的にも週休二日であったり、海外研修があったりとか、いいなぁ!って思ったところもありますね。

・美容師は理想と現実のギャップに悩むと聞きましたが。

元々理想があまりなかった、へんな話ですが。おばあちゃんが美容師さんをずっとやっていて、お客様の孫の七五三やって、お客さんの結婚式行ってという感じでやっているのを知っていたので。人の人生に一番寄り添っていける職業だと私は思っていて、そういうへんなギャップみたいなものはなかったですね。

・スタイリストになるのにどれぐらい時間がかかりますか?

一人前になるには4・5年ぐらいですね。お店によっては2・3年でスタイリストになるお店もあるんですけど、技術が伴ってないとお客さんを失う理由になるんですよね。しっかり勉強して技術的にできていれば大丈夫だと上の方が考えてくださって、練習をしっかり見て頂けてるので安心してます。」

・今はどんな仕事をしていますか?

カラーを塗ったり、スタイリストのヘルプですとかシャンプーとかヘッドスパとかお掃除とか、スタイリストの方が働きやすく私たちも働きやすい空間を準備するのがメインですね。

・アシスタントは大変ですか?

みんなしんどいっていいますよ。(笑)私はそのなかで楽しみを見つけるのが好きなので。例えばですけどお客さんと共通の話題を話したりですとか、いろんなお話をしたり、話をするのがすごい好きなので聞いてももらったり聞いてあげたり、あとマッサージをさせてもらうのが好きで『気持ちいいね』って言われると飛び跳ねて喜ぶぐらい嬉しくて『よっしゃー!』みたいな。そういう楽しみを見つけるのが好きですね。

・ここで働いた一番の思い出は

タイ旅行に行こうと思ってお客さんみんなに言ってたんですよ。『タイ行くんすよ!!』って。海外旅行が好きなお客様がアドバイスをくれたりするんですよね。気をつけたほうがいいよ、あれ持ってったほうがいいとか、なになには危ないから行っちゃだめとか、いろんなことを教えて頂けて、ガイドブックを貸してくださったりして。そしたら私タイに行って全然困らなかったんですよ。しかも初海外で初一人旅だったんですよ。好きなものとか行くところとかめっちゃ話したほうが自分のためになるんだなって実感できたんですよ。それが印象的でしたね。

・他の店との違いは

私の妹も美容師なんですが、妹の働いているお店はマダム層が多いのでファッションカラーとかしない白髪染めのお客様が多いんです。その点DEもキノトロープもeidaも下は赤ちゃんぐらいの子から上はもう大分お姉様の方まで いらっしゃったり、男性も学生の方から大分お兄様の方までいらっしゃって幅が広いなって思います。

・ディファレンスはどんな後輩に勧めますか?

美容の仕事以外にも熱中してることがある人ですかね。ぼくは好きな趣味もあるからみたいな人の方が強いなって思います。逆にないと引きずり込まれるかもですね、いろんなスタッフがいろんなものを好きなので。(笑)